日経バイト 2000/10号

バイトレポート
米Adaptec,SANの普及を目指し 低価格のFibre Channel製品を投入

 Fibre Channelの普及が始まろうとしている。かつてはクラスタ・システムや,大規模なデータベース・サーバの外部記憶装置用に使われていた。インタフェース・カードや対応する記憶装置の低価格化に伴い,今後は中小規模のシステムでも,サーバ用の外部記憶装置接続に使われるだろう。その一翼を担うのが米Adaptec社である。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1980文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > ストレージシステム・ソフト > ネットワークストレージ*
【記事に登場する企業】
米アダプテック社
update:19/09/25