日経バイト 2000/10号

技術トレンド
ウイルス対策ベンダの参入で 注目集まる個人向けファイアウォール

2000年末に向けて個人向けのファイアウォール機能を搭載した製品をウイルス対策ベンダがいっせいに投入する。これらの製品の目的は,個人利用のパソコンから情報が漏洩したり,盗まれるのを防ぐことである。インターネット経由で不正侵入者がデータを改ざんするのを防ぐこともできる。(26〜30ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7053文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
update:19/09/25