日経バイト 2000/10号

製品評価室
Linuxサーバ設定ツールの選択基準
機能を限定してわかりやすくしたものと 細かい設定が可能なものに大別できる

Linuxサーバを運用する上で難関だった,サーバ・ソフトウェアの設定を支援するツールが充実してきた。設定できる項目を限定し,操作方法に配慮した「決め打ち型」のツールは初心者でも使いやすい。ネットワーク構成とツールの機能が一致していれば上級者にとっても強力だ。逆にほとんどすべての項目を設定できる「汎用型」は,どんなネットワーク構成にも対応できるがやや煩雑だ。(126〜131ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7351文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーOS > Linuxサーバー
update:19/09/25