日経バイト 2000/10号

連載 Accessデータベーステクニック 第1
ADOを使って複雑な データ処理をこなす

Accessを使って本格的なアプリケーション・ソフトを実現するには,オブジェクト・ライブラリの利用を避けて通ることはできない。AccessではADO(ActiveX Data Object)を使う。ADOはAccessだけでなく,SQL Serverなどのデータベース・サーバにも適用できる,汎用的なフレームワークを提供する。今回は主としてデータベース接続とレコードセットについて解説する。(152〜159ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:14577文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーアプリケーション > データベース
情報システム > システム設計・開発 > データベース
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > データベース
update:19/09/25