日経バイト 2000/10号

連載 基礎からのトラブルシューティング HTTPとSSL
インターネットが簡単に盗聴できる 理由とそれを防ぐ仕組みを知る
HTTPとSSL

インターネットを流れるデータは常に盗聴と改ざんの危険にさらされている。クレジット・カード番号や電話番号などの個人情報を取り扱うオンライン・ショッピングともなれば,一段と強力な安全対策が必要である。そこで個人情報を取り扱うWebサイトの多くは,やり取りする情報を暗号化して安全を確保している。(162〜167ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8306文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 情報暗号化技術・製品*
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > 通信プロトコル全般
update:19/09/25