日経エレクトロニクス 2000/11/20号

解説 ロボット
AIBOは「2」で プレステを目指す
OPEN—Rで「プラットフォーム化」を促進

ソニーは2000年11月から,自律型エンターテインメント・ロボット「AIBO」の第2世代「ERS—210」の受注をついに開始した。デザイン・コンセプトは,初代の子犬からライオンの子に変えた。「犬だ犬だと言われてばかり。(49〜54ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7221文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > ゲーム機 > ゲーム専用機
パソコン・デジタルギア > その他デジタル玩具 > ロボット(玩具)
車・機械・家電・工業製品 > ロボット > ロボット(玩具)
サービス・流通・生活・文化 > ゲーム > ゲーム専用機
【記事に登場する企業】
ソニー
ライオン
update:19/09/26