日経ホームビルダー 2001/01号

焦点
住宅の高気密化で反響音を気にする施主が増加 屋内騒音を音楽で和らげる

 最近の高気密化した住宅は省エネで有利な半面、室内の反響音が大きくなりがちな欠点がある。三栄ハウス(本社・神奈川県相模原市)は、音楽を室内に流すことで反響音を気にならなくしようと考え、音響メーカーと共同でセラミックスピーカーを開発した。 セラミックスピーカーは通常のダイナミックスピーカーと違い、小さく、ひずんだ音しか単体では出せない。(14〜15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:899文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
三栄ハウス
update:19/09/27