日経ホームビルダー 2001/01号

住宅事件簿
太陽光発電の出力不足トラブル
性能が3.5%劣る発電板を769件に設置 補助金頼りの業界と市場に警鐘

省エネ住宅設備の代表格、太陽光発電システムで不祥事が明らかになった。屋根一体型の発電システムが一斉に発売されて以来、需要は急速に伸びているが、このままではせっかく関心を持ったユーザーが不信感を抱きかねない。 10月24日、大手家電メーカーの三洋電機社長が突然辞任を発表し、報道各社は記者会見の模様を経済ニュースで大きく取り上げた。(61〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3062文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > 発電機
車・機械・家電・工業製品 > 業務用機械・汎用機械 > 発電機
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
建設・不動産 > 環境・エコロジー(建設・不動産) > 省エネルギー(建設・不動産)
ビズボードスペシャル > 環境 > 省エネルギー(建設・不動産)
【記事に登場する企業】
三洋電機
update:19/09/27