日経コンピュータ 2001/01/01号

ニュースレポート
SAPジャパンが事業方針を大転換 パートナ全面支援の姿勢を明確に

 SAPジャパンが大胆な自己改革に乗り出した。2001年から,自らは製品品質の向上とR/3プロジェクトの全体管理に徹し,実際のシステム構築はパートナ企業に任せる方針を明確にした。パートナ向けの支援体制も大幅に強化する。これにより顧客満足度を向上し,売り上げ拡大につなげたい考えだ。(15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1534文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
SAPジャパン
update:19/09/24