日経コンピュータ 2001/01/01号

インダストリレポート
外資3強がマーケットプレイスで激突 実績作りに国内ベンダーとの提携急ぐ

 マーケットプレイスの構築商談を巡って,日本アリバ,コマースワン,日本オラクルの外資系3ベンダーが激しく競っている。各社とも,国内ベンダーと提携し,受注実績の積み上げに必死だ。緒戦の“電力系巨大マーケットプレイス”の商談は,日本ユニシスと組んだコマースワンが勝った。 2000年12月14日,日本最大級のマーケットプレイスを巡るシステム商談がついに決着した。(18〜19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2546文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 調達・購買システム > マーケットプレイス*
【記事に登場する企業】
関西電力
コマースワン
中部電力
東京電力ホールディングス
日本アリバ
日本オラクル
日本ユニシス
update:19/09/24