日経コンピュータ 2001/01/01号

特集 21世紀の情報化を支える人と組織 “個の 第2部●最前線からの報告 キリンビール
最前線からの報告
情報化体制の改革に挑む 組織と人材の両方を変える キリンビール

 「その問題を解決できる方法があります」。キリンビールで情報システム部に所属する高岡宏明主任はこう言い切った。高岡主任は1998年春,同社の物流本部に組織されていた「需給統合プロジェクト」に,情報システム部から参加していた。 プロジェクト・チームは高岡主任の提言を受け入れて,米i2テクノロジーズの「RHYTHM」と呼ぶソフトを導入し,出荷予測システムを構築。(64〜67ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5975文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
米i2テクノロジーズ社
キリンビール
update:19/09/24