日経ヘルスケア 2001/01号

特集1 制度改革、IT、患者ニーズが変革迫る20 患者ニーズ
権利意識の向上で情報開示が急務に
患者ニーズ

 大阪市北区の「ささえあい医療人権センターCOML」では、医療に関する電話相談を行っている。通常は月に200件程度だったが昨年の春ごろから急増し、7月には529件もの相談が殺到した。内容を見ると「容体が悪化した、何かミスがあったのでは」、「医師が本当のことを隠しているようだ」といった、医療への漠然とした不信感の訴えが約4分の1を占めていた。(25〜26ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2936文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
ささえあい医療人権センター
update:19/09/27