日経ヘルスケア 2001/01号

介護保険
介護事業者への評価・監視の動き活発化
利用者ニーズの収集や評価結果の公表でサービス向上迫る

 神戸市消費者協会は昨年10月、市内の訪問介護事業者に対する第三者評価の結果を公開した。利用者に対する事業者情報の提供、評価結果の公表による介護サービスの質の向上を目的にした自治体のこうした取り組みは、各地で活発化している。厚生労働省でも、第三者評価のための仕組みづくりを検討中だ。(53〜56ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4775文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > その他(介護・看護)
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 保険商品・サービス
【記事に登場する企業】
厚生労働省
update:19/09/27