日経ヘルスケア 2001/01号

病医院のIT活用最前線 運動療法指示せんの発行
パソコンで指示せんを手早く作成
杉澤医院(兵庫県尼崎市)

 生活習慣病の診療において、運動療法の重要性が増している。2000年の診療報酬改定では、運動療法指導管理料を算定できる対象疾患も拡大された。 運動療法指示せんの作成には時間がかかり、なかなか実施できずにいる病医院も多い。しかし、パソコンソフトを活用すれば、指示せんの発行や管理業務を効率よく行うことが可能だ。(78〜80ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3182文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 診療・薬剤報酬
update:19/09/27