日経ヘルスケア 2001/01号

特集1 制度改革、IT、患者ニーズが変革迫る20 若手経営者に聞く「わが法人の中期計画」5
地区医師会の連携機能を活用 軽装備でも充実した医療を提供
医療法人ごとう内科(愛知県岡崎市)

 愛知県岡崎市の医療法人ごとう内科は、内科と循環器科を標榜する無床診療所だ。検査機器は、胸部X線撮影装置や心電計程度しか持たず、診療所としてもかなりの軽装備となっている。 院長の後藤敏之氏(44歳)がごとう内科を継承して12年になる。現在、1日当たりの患者数は150人前後で、経営は順調だ。(32〜34ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2200文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
帝国ホテル
帝国ホテルクリニック
update:19/09/27