日経メディカル 2001/01/10号

トレンドビュー
投与法や発症予防で新局面 改良抗原での効果向上に期待 減感作療法

 日本医大耳鼻咽喉科に通院する28歳のAさん(女性)は,ダニ抗原による重症のアレルギー性鼻炎患者だ。局所ステロイド薬でも症状を抑えられず,鼻粘膜を焼き切るレーザー手術を受けることも考えていた。 Aさんの主治医である同大耳鼻咽喉科助教授の大久保公裕氏は,3年前,同科で新しく導入した減感作療法をAさんに勧めた。(26〜27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3416文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
日本医科大学
update:19/09/27