日経メディカル 2001/01/10号

症例検証
28歳男性。血痰,左胸痛。 両肺野の線状影,低吸収域。 2年後に結節影が加わる。

 2年ほど前に健診で胸部異常影を指摘されていた。半年前に左気胸で入院し,退院後に血痰と微熱,左胸痛が徐々に出現した。今回,新たな結節影と二度目の左気胸の精査加療のために,慈恵医大呼吸器内科に入院となった。■現病歴左気胸と結節影の精査目的で入院司会 では症例提示をお願いします。清水 症例は28歳男性です。主訴は血痰,左胸痛です。(91〜96ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7074文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
社会保険中央総合病院
聖路加国際病院
update:19/09/27