日経コンピュータ 2001/01/15号

誤算の検証
海外4拠点のWebサイトが次々改ざん グローバルなセキュリティの維持に課題
NEC

2000年11月から12月にかけてNECは,台湾,コロンビア,ブラジル,香港の現地法人のWebサイトをハッカーに書き換えられた。Webサーバーに残っていた,不正アクセスを許す入り口(セキュリティ・ホール)を突かれた。しかも台湾の不正アクセス後に,全世界の拠点に出したWebサイト見直しの指示が徹底されなかった。 「一体何が起こったんだ」。(18〜19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3256文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 事件・事故(インターネット関連) > Webサイト改ざん
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
【記事に登場する企業】
NEC
update:19/09/24