日経コンピュータ 2001/01/15号

インタビュー
ドメイン管理の民営化は時代の流れ 競争の原理を導入して独占を排す
慶応義塾大学環境情報学部教授 社団法人日本ネットワークインフォメーション センター(JPNIC)理事長 村井  純氏

日本で広く使われている「JPドメイン」の管理・登録業務が民間会社に移管されることになった。これまでJPドメインの管理を一手に引き受けてきたJPNIC(日本ネットワークインフォメーションセンター)が方針を転換した。しかし,ドメイン名の登録業務を代行するISP(インターネット・サービス・プロバイダ)などから,民営化を危惧する声も上がっていた。(68〜70ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3897文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
【記事に登場する企業】
慶應義塾大学(慶応義塾大学)
日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)
update:19/09/24