日経SYSTEMS 2001/01号

オープンレポート 解説
解説●ユーザー現場に見る Windows端末の実力
管理の集中に効果大だが, アプリケーションの変更などの課題もある

米Citrix SystemsのMetaFrameなどのWindows端末システムを利用する企業が増えてきた。既存のC/Sシステムから移行するケースが多い。その狙いは,アプリケーションの集中化やWAN環境でのレスポンス改善だ。事例を基に,費用対効果と導入時のチェック・ポイントを解説する。(76〜79ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5339文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
米シトリックス・システムズ社
update:19/09/24