日経SYSTEMS 2001/01号

オープンレポート 動向
動向●ウイルスの記録的な流行に緊急警報
HybrisやMTXなどが猛威,ユーザー教育やウイルス対策ソフト更新など対策の徹底を

2000年の情報処理振興事業協会へのウイルス届出件数は1万件以上と,1999年の3倍に達する勢いである。原因は,初心者ユーザーの増加,メール・マガジンによる媒介,メールで巧妙に増殖する新種ウイルスの出現などだ。添付ファイルをクリックしないなどの基本対策で被害の大半は防げる。 コンピュータ・ウイルスが,記録的な流行を見せている。(80〜83ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4715文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
【記事に登場する企業】
情報処理推進機構(IPA)
東京証券取引所
update:19/09/24