日経コンピュータ 2001/01/29号

eプレイス eビジネスの落とし穴
eビジネスの落とし穴
電子マネー実用化への道は険しい 三石  玲子[M&M研究所代表]

 日米両方で,EC(電子商取引)が本格化し始めたのは1995年ごろからだ。以来5年が経過した。日米の格差は否めないところだが,その原因の一つは「決済議論」への必要以上の関心の高まりであったようだ。 ECの健全な発展のためには,「安全な決済システム」の確立が不可欠,という議論がまん延し,官主導の各種の実証実験も行われた。結果は惨たんたるものであった。(88ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1746文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > EC > ネット決済・電子マネー
【記事に登場する企業】
M&M研究所
update:19/09/24