日経ヘルスケア 2001/02号

特集2 介護・看護の現場でモバイルを活用 訪問介護編
民間企業から進む モバイル導入
訪問介護編

 訪問介護は他の介護サービスに比べて類型区分が多く、訪問頻度も高いため、介護給付費請求などの事務作業はとりわけ煩雑だ。このため、多数の事業所を持つ民間企業を中心に、ホームヘルパーが介護現場からデータを直接入力・送信する例が出てきている。携帯情報端末やバーコード、ICカードの利用などその方法は様々だ。(22〜25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5141文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > その他(介護・看護)
【記事に登場する企業】
ユニマット リタイアメント・コミュニティ
update:19/09/27