日経ヘルスケア 2001/02号

病医院のIT活用最前線 内視鏡画像ファイリング
必要な画像を瞬時に検索、説明に活用
武井胃腸科内科(広島県三原市)

 消化器内視鏡の検査件数が多い医療機関では、データの管理は頭の痛い問題だ。また、過去の検査画像を探し出すのも容易ではない。 内視鏡画像ファイリングシステムを利用すれば、検査画像をパソコンで管理し、必要なデータを自在に呼び出すことができる。また、検査終了後の患者への説明や、紹介先への情報提供にも活用できる。(69〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2903文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療機器・用品
update:19/09/27