日経コンピュータ 2001/02/12号

ユーザーケース
日本化成 需要予測システムを2001年4月に稼働 製品在庫の半減を目指す

 建設資材の製造・販売を手がける日本化成(東京都新宿区)は2001年4月から,需要予測システムを稼働させる。基幹系システムで管理している受注データや在庫データ,過去の販売実績データなどを参考に,同社が取り扱う約600品目の需要を予測する。週次で需要を予測する品目と,日次で予測する品目の2種類がある。 この予測結果を基に,生産計画も週次,日次で立案し直す。(23ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:718文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 基幹業務システム > SCM(サプライチェーンマネジメント)*
【記事に登場する企業】
日本化成(建材メーカー)
update:19/09/24