日経SYSTEMS 2001/02号

オープンレポート 動向
動向●米国発BtoBが本格始動, 日本の電子調達は変わるのか
様々なシステム・タイプが登場してきたが, 目的や適する企業規模が異なることに注意

インターネットを使った企業間電子商取引“BtoB”に向けた動きが活発になっている。米国ベンダー各社の製品/サービス投入が本格化し,実際にそれらを利用したユーザーも登場し始めた。しかし,各ベンダーが描くシステム・タイプは様々だ。目的や企業規模によって選択肢は変わってくる。新タイプの調達システムの動向と,国内企業へのインパクトを探った。(124〜127ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5590文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 調達・購買システム > 電子調達システム*
【記事に登場する企業】
ソニー
update:19/09/24