日経コンピュータ 2001/02/26号

失敗に学ぶ情報化のポイント
ERPの標準手順にこだわって生産性が低下

昔から継承してきた業務手順に理由もなくこだわって,それをそのままの形で新しいシステムに取り込むことは失敗の原因になる。特にERPパッケージの導入ではその危険が高い。ただし,たとえ手作業であっても現在の業務手順に明確な,もしくは不可抗力的な理由がある場合,それを無視して業務手順の変更を第一義に考えることは必ずしも得策ではない。(234〜235ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3496文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 基幹業務システム > ERP(統合基幹業務支援)
update:19/09/24