日経マイクロデバイス 2001/03号

μレポート[LSI製造]
在庫調整は春以降に終息 2001年は10%成長を達成
課題は秋以降,2001年の投資次第で 2002年のマイナス成長は避けられる

2000年秋からの在庫調整は2001年春以降に終息する。J.P.モルガン証券マネジングディレクター,企業調査部長兼シニアアナリストの若林秀樹氏はこう見通す。ただし,2000年度の強気な設備投資が影響し,秋からは再び供給過剰が起きると読む。2001年は10%成長を達成するが,2002年はマイナス成長に陥る。この状況を左右するのは「2001年度の各社の設備投資」と指摘する。(165〜166ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1544文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > IC・LSI
update:19/09/26