日経マイクロデバイス 2001/03号

産業ウオッチャ
台湾で稼働率が低下 最先端ライン向けの 受注活動を活発化

 台湾のLSIメーカー,TFT液晶メーカーのライン稼働率が低下し,70〜90%となっている。LSIメーカーは0.3〜0.25μmラインより,0.18μmラインの稼働率低下が激しい。受注面でも長期受注が減少している。このような中,LSI各社はSRAM,通信用IC,フラッシュ・メモリーなどで先端プロセスを利用するチップの受注活動を活発化している。(25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:330文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/26