日経ヘルスケア 2001/03号

私の転機
“当事者”になって知った病院経営の内情
松山 文治 元財団法人甲南病院法人本部事務局次長 (神戸市東灘区)

 私は大学を卒業してから約30年間、製薬メーカーで働いていた。薬学部出身の私は主に学術・開発部門を担当。開発部時代には臨床試験のデータ収集のため、全国の病院を訪問した。医用機器部では医療材料の輸入も手がけ、特定保険医療材料の承認申請のために何度も厚生省に足を運んだものだ。最後の数年間は、研究開発担当マネジャーとして管理業務を行っていた。(3ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1459文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局・施設経営ノウハウ
update:20/09/01