日経ヘルスケア 2001/03号

特集1 患者3000人インターネット大調査私がこ Part2温かみを感じた言葉・会話編
いたわりの言葉に安心と信頼 何げない会話だけでも効果大
Part 2 言葉・会話編

▲医療スタッフからのちょっとしたいたわりの言葉があるだけで、つらくて不安な状態にある患者は大きな安心感を得られる。▲長い待ち時間などで患者に迷惑をかけた際には、適切なおわびの一言も大切。それだけで、患者の不満はかなり軽減される。▲「お待たせいたしました」、「お大事に」といった通常のあいさつを徹底するだけでも、病医院への好感度は大きく増す。(20〜23ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5551文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向けインターネット接続インフラ(その他) > その他(個人向けインターネット接続インフラ)
update:20/09/01