日経ヘルスケア 2001/03号

病院
続発する差額ベッドのトラブル
徴収ルールの明確化で対応迫られる都市部の病院

 最近、続発しているトラブル防止に向け、昨年11月、厚生省は通知で差額ベッドの運用ルールを明確化した。その結果、都市部の一部の病院では、室料収入の減少を余儀なくされた。トラブルを未然に防ぐため、差額室料の徴収方法を見直した病院もある。その一方で、患者ニーズを踏まえ、差額ベッドを増やす病院は増加傾向にある。(42〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5876文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:20/09/01