日経ヘルスケア 2001/03号

病院経営セミナー
効果的な広報のノウハウと実践例
洛和会ヘルスケアシステム理事長 矢野 一郎

 患者に選ばれる医療機関になるためには、広報に力を入れ、的確な情報提供を行うことが必要だ。医療法人洛和会を核とする洛和会ヘルスケアシステム(京都市山科区)では専任の職員を配置した「企画広報室」を設け、患者、地域住民、地域の医療機関など様々な方面への積極的な広報を実践している。洛和会の広報活動について、理事長の矢野一郎氏に解説してもらった。(94〜98ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6527文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療・製薬向け情報システム
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局・施設経営ノウハウ
情報システム > 特定業務システム > 医療・製薬向け情報システム
【記事に登場する企業】
洛和会ヘルスケアシステム
update:20/09/01