日経コンピュータ 2001/03/12号

ユーザーケース
飛島建設 経営再建に向けて基幹系を刷新 建設業界で初めてR/3を全面導入

 飛島建設は2001年10月をメドに,SAPジャパンのERPパッケージ(統合業務パッケージ)R/3を使って,基幹系システムを全面刷新する。FI(財務会計),CO(管理会計),SD(販売管理)など,R/3の8モジュールを一斉導入し,全基幹業務をカバーする。このほか,人事管理モジュール(HR)を2001年3月に先行稼働させた。(22ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1305文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
SAPジャパン
飛島建設
update:19/09/24