日経コンピュータ 2001/03/12号

特集 見えてきた万能幻想の真実 XMLの“常識
XMLの“常識”を覆す
 見えてきた万能幻想の真実

 企業間電子商取引(BtoB)の現場で,ユーザー企業やベンダーの注目を集める「XML」。「データ交換の自動化が簡単」,「どんなデータでも自由に定義できる」といった特性から,XMLは「BtoB拡大の“切り札”」とまで言われている。米マイクロソフトのビル・ゲイツ会長のように,「企業間でやり取りするデータは,今後すべてXMLが基盤になる」と見る向きは多い。(52〜53ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:386文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > データ交換フォーマット(XMLなど)*
【記事に登場する企業】
米マイクロソフト社
update:19/09/24