日経コンピュータ 2001/03/12号

特集 見えてきた万能幻想の真実 XMLの“常識 これがXML活用の現実解だ
これがXML活用の現実解だ

 登場から3年近くが経過して,ようやく実用フェーズに入ったXML。だが,XMLを使ったBtoBシステムの構築に国内でいち早く取り組んだ企業は,程度の差はあれ,“初挑戦”の苦労を味わった。なかにはXMLの利用を断念したり,利点を生かせなかったケースも散見される。 どれほど拡張性や柔軟性があろうとも,しょせんXMLは「データ記述言語の仕様」に過ぎない。(68〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5405文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > データ交換フォーマット(XMLなど)*
update:19/09/24