日経コンピュータ 2001/03/26号

特集 あなたのプライバシが危ない 行政機関によ
セキュリティ問題への懸念は拭えず
危うさ抱えたまま走り出す「住基ネット」

 全国の自治体が情報化の推進と個人情報保護のバランスに頭を悩ませる中,もう一つ大きな頭痛のタネが降りかかろうとしている。総務省(旧・自治省)が主導して構築を進める「住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)」である(図4)。(66〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5918文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
情報システム > 電子政府 > 住民基本台帳ネットワークシステム・マイナンバー
【記事に登場する企業】
総務省
地方自治情報センター
地方自治体
update:19/09/24