日経コンピュータ 2001/03/26号

危機からの脱出
大量の迷惑メールを6837人に配信 迅速なお詫びと情報公開で乗り切る
アプリネット

 「ココデ・メールから迷惑メールが大量に送られてきた。どうなっているのか」。「いらないメールが次々に来る。早く何とかしろ」。2001年2月8日午前,東京に出張していたアプリネット(愛媛県松山市)の後藤光伸社長の携帯電話に,突如としてこういった内容の何本もの苦情電話がかかってきた。(207〜209ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3930文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 事件・事故(インターネット関連) > 迷惑メール*
update:19/09/24