日経マイクロデバイス 2001/04/01号

論文[LSI製造][LCD(ディスプレイ 囲み
異分野の技術をLSI・LCD分野に つなげるケミトロニクス

 通常,異分野の技術をLSI・LCD分野に応用するのは技術的・文化的に困難とされている。異分野の開発者にとってLSI・LCDメーカーの要求を理解することは難しく,相談しようにも人脈の点で壁があるためである。積水化学工業が今回開発した常圧プラズマ技術はプラスチック化成品の表面処理という異分野で生まれたにも関わらず,数年でLSI・LCD分野への進出を果たそうとしている。(142ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1291文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > IC・LSI
エレクトロニクス > ディスプレイ製品・技術 > 液晶ディスプレイ技術
【記事に登場する企業】
積水化学工業
update:19/09/26