日経マイクロデバイス 2001/04/01号

産業ウオッチャ
台湾TFTメーカーの ADTとUnipacが合併 両社の欠点は相殺

 台湾Acer Display Technology, Inc.(ADT)と台湾Unipac Optoelectoronics Corp.が合併を発表した。合併比率は1:1.17で,ADTが存続会社となる。社名はAU Optronics Corp.に変更する。合併後の新会社は資本金1040億円(297億台湾ドルを3.5円/台湾ドルで換算)の大企業になる。会長にはADT会長のK. Y. Lee氏が就任する。(23ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:514文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
【記事に登場する企業】
台湾・エイサー社
update:19/09/26