日経ヘルスケア 2001/04号

特集1 介護保険第1ステージ真の勝ち負け 展望
「複合体」の強さ揺るがないが 都市部で企業にチャンス十分
展望

「施設」は利用者ニーズ、事業の安定性どちらも「在宅」に勝る。医療法人と社会福祉法人が“強い”のは、つまるところ、企業には開設が認められていない介護保険施設を経営できるからだ。介護保険1年目、企業は不利な経営環境を考えれば十分に健闘した。今後、企業が“施設的なサービス”に本格参入すれば、医療法人、社会福祉法人を本当に脅かすようになるかもしれない。(35〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4916文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > その他(介護・看護)
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 保険商品・サービス
update:19/09/27