日経ヘルスケア 2001/04号

特集2 病院に負けないeクリニック ケース2
インターネットでカルテを開示 患者と双方向型の情報交換目指す
用賀アーバンクリニック(東京都世田谷区)

 インターネット経由で患者にカルテを開示し、双方向型のコミュニケーションを行う診療所も出てきた。東京都世田谷区で2000年12月に開業した用賀アーバンクリニックでは今年の2月から希望する患者にIDとパスワードを発行し、自院のホームページで電子カルテを開示する「オープンカルテ」のサービスを始めた。(46〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1603文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
地方自治体
用賀アーバンクリニック
update:19/09/27