日経ヘルスケア 2001/04号

IT活用最前線 在宅高齢者安否確認システム
独り暮らしの高齢者の 安否を電気ポットで確認
在宅高齢者安否確認システム

 東京都豊島区の池袋本町では、日常生活で使う電気ポットに着目し、その使用状況を基に高齢者の安否を確認するシステムが稼働している。ポットから送られるデータを地域住民のボランティアが毎日チェックし、高齢者をさりげなく見守る仕組みだ。 今年商品化されたネット家電型のポットを使えば、インターネット経由で安否確認を行うこともできる。(105〜107ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3250文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/27