日経ヘルスケア 2001/04号

Diary 3月27日
医師教育改革 実習前のテストで適性評価
3/27 Tue

 医師養成教育の在り方を検討している文部科学省の専門家会議(座長・高久史麿自治医大学長)は3月27日、画一的で記憶重視の現行カリキュラムを見直し患者中心の教育を目指すべきだとして、モデルとなるカリキュラムを策定した。 また、臨床実習前の学生に必要な能力があるかどうかを判定するため、各大学共通の試験を実施することを提言。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:378文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
文部科学省
update:19/09/27