日経ヘルスケア 2001/04号

Diary 3月11日
介護保険サービス 在宅利用は計画の7割どまり
3/11 Sun

 介護保険の訪問・通所サービス(短期入所も含む)について、全国の市と東京23区での利用が自治体の事業計画の平均7割程度にとどまっていることが日本経済新聞社の調査でわかった。また、65歳以上の低所得者層などが直接自治体に保険料を支払う「普通徴収」での未納率は14%に上った。 調査は全国の693市区を対象に2月にアンケート形式で実施。(13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:401文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > その他(介護・看護)
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 保険商品・サービス
【記事に登場する企業】
日本経済新聞社
update:19/09/27