日経ヘルスケア 2001/04号

Diary 3月28日
薬害エイズ、安部被告に無罪 危険予見可能性低い
3/28 Wed

 薬害エイズ事件で、血友病患者に輸入非加熱血液製剤を投与し、エイズウイルス(HIV)に感染、死亡させたとして、業務上過失致死罪に問われた元帝京大学副学長、安部英被告の判決が3月28日、東京地裁であった。永井敏雄裁判長は「HIVに感染させ、死亡させる危険性は予見できたが、その認識の程度は低く、投与をさせた被告の過失はない」などとして、無罪(求刑禁固三年)を言い渡した。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:391文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
厚生労働省
帝京大学
update:19/09/27