日経コンピュータ 2001/04/09号

インタビュー
“コ・ソーシング”で情報関連業務を合理化 全国自治体のモデルケースを目指す
岐阜県知事 梶原  拓氏

全国47都道府県の知事の中で最もIT(情報技術)への造詣が深いと自他ともに認める,岐阜県の梶原拓知事。昨年からは政府のIT戦略会議,その後のIT戦略本部に唯一の自治体関係者として出席。「生活の現場からの視点」に基づく発言で「e−Japan重点計画案」の決定にも大きな影響を与えた。(86〜88ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3970文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部
地方自治体
update:19/09/24