日経コンピュータ 2001/04/09号

危機からの脱出
二つのシステム障害が同時に発生 迅速な対処で被害を最小限に抑える
証券総合システム SONAR

 2月26日月曜日午前9時。証券会社28社が利用している証券総合システム「SONAR」が,寄り付き(取引開始)と同時に,二つの大きな障害に見舞われた。二つのトラブルは別個の原因で偶然,同時刻に発生したものだった。SONARの開発・運用は大和総研(東京都江東区)が担当している。(147〜149ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4541文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > システムトラブル
情報システム > 特定業務システム > 金融業向け情報システム
【記事に登場する企業】
大和総研
update:19/09/24