日経インターネットソリューション 2001/05号

レポート オープン化に向かうモバイル・インターネッ
ISP参入などでサービス多様化へ 実現時期や料金などに課題
オープン化に向かうモバイル・インターネット

iモード端末のように,携帯電話機だけでWebアクセスやメール送受信ができるブラウザ・フォンがオープン化に向かって動き出した。まずNTTドコモがiモード・ネットワークの開放策などを打ち出した。総務省の研究会でオープン化の議論が進んでいることもあり,KDDIやJ−フォンなども,いずれ追随するものとみられる。(11〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4830文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向けインターネット接続インフラ(携帯・PHS) > ネット接続サービス(携帯・PHS)*
通信・ネットワーク・放送 > 企業向けインターネット接続インフラ(携帯・PHS) > ネット接続サービス(携帯・PHS)*
【記事に登場する企業】
NTTドコモ
総務省
ソフトバンクモバイル
update:19/09/25