日経インターネットソリューション 2001/05号

ニュース INTAPがXMLベース仕様「MAXI」
異なるシステム運用管理ツール間で イベント情報の相互通知が可能に
INTAPがXMLベース仕様「MAXI」を発表

 情報処理相互運用技術協会(INTAP)は,異なるシステム運用管理ツール同士がイベント情報をやりとりするための仕様「MAXI(MAnagement information eXchange over Internet)」を,4月3日に発表した。異なるベンダーの運用管理ツールで管理している機器を一元管理できるようになる。(23ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1340文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > システム管理ソフト*
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > データ交換フォーマット(XMLなど)*
【記事に登場する企業】
情報処理相互運用技術協会
update:19/09/25